秋華賞馬リカビトス、八ヶ岳特別を制して無傷の3連勝

リカビトス 八ヶ岳特別




すいません、妄想が膨らみ勝手にリカビトスが秋華賞制してました。

ただそれくらい期待できる無敗の3連勝でしたね!

 

レース後のキャロットクラブの更新を見てみましょう。


24日の東京競馬ではゆっくりとしたスタートで後方からの競馬。直線では進路を選ぶように中から外へ進路を取りながら追われると、最後にキッチリ差し切り優勝。「強い。僕自身も驚きましたし、すごいと思いました。ゲートはそこまで速くなくて勢いがつくのに時間がかかりましたが、これまでのレースっぷりからも慌てなくていいと思い急かさず進めました。仕掛け出してからもスッと行くというよりはふわふわしているのですが、エンジンがかかってからが一気でしたね。これからが本当に楽しみな馬です」(戸崎騎手)「おめでとうございました。馬体重はやはり減りましたが、暑いなかでもありましたし、今回は歩様が安定していたのでいつも以上に動けた、動かせたというのも影響していると思うんです。それなので本番当日は気にし過ぎないで送り出したつもりです。スタートは仕方ないにしても直線でどう動くのかは心配したところもありましたけれど、勢いがついてからの伸び脚は見どころ十分でしたね。ふわふわするのですが、それが最後の最後、あれだけの切れにつながるのでしょう。人気し過ぎているな…とプレッシャーに思う部分もありましたが、馬がよく応えてくれました。このような競馬、結果のあとなので、この後のことを聞かれてしまいますが、少しずつ強くなってきているとは言え、これまで苦労してきている馬です。今回もどうなるかはわかりません。決められないというのが現状でもあります。もちろん期待しているのですが、本当に良くなるのは来年以降でもありますから、今は決めつけないで馬の状態をもとに相談させていただければと思っています」(奥村武師)ハンデ戦でトップハンデの馬とは6キロも差がありましたし、一概に言えないところもあります。それでもインパクトは大で、改めて今後が楽しみと思えました。少しずつ強くなってきているとは言え、カイバ食い、歩様に波が出やすい馬です。順調ならば将来有望な馬でしょうから、これからも決めつけないで馬の成長を第一に考えていきたいと思っています。


いろいろ問題点もありますね。

ゲートの出が悪い、エンジンのかかりが遅い、そして体質&馬体重。

でも、それをカバーしての勝利なので本格化したらどうなるのかと期待が膨らみます。

奥村先生も本当によくなるのは来年以降と仰ってますし。

 

一部報道では秋華賞を目指すと書いておりました。

京都に来てくれるなら是が非でも行かなくては!

 

今からレースを100万回見直してきます、では。

 

当ブログはキャロットクラブより承諾を得て記事・画像を転載しております。










コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

4歳男の子&1歳女の子の父(32) 毎週の子供とのお出かけスポットをどうしようかと悩んでいる中 「あれ?これってみんな悩んでる問題では?ここはひとつ僕が少しでも情報発信をしてやろうじゃないか!」という、ちょっと上から目線&勢いでブログ作成。プロフィール写真は息子を抜擢。 住んでる場所の関係で主に大阪南部~和歌山北エリアの子供ともお出かけ スポット、また個人的に買ってよかったオススメアイテム等、子育てに重点を置いた情報を発信していきたいと思います。